So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥インフルエンザが熊本県多良木町の養鶏場で発生処分終了 [報道]

鳥インフルエンザが熊本県多良木町の養鶏場で発生したと
13日農林水産省が発表しました、

同経営者の相良村養鶏場でも死亡が確認され
熊本県が行った遺伝子検査で「H5型」の

鳥インフルエンザウイルスが検出され、発生現場から10km以内の
養鶏場に対してニワトリや卵の移動や出荷を禁止しました。

また夜を徹して、自衛隊も出動して、14日も殺処分しています、
周辺道路では車両の消毒など行い、
ウイルス感染拡大防止に異例の速さで行っています。

平成22年から23年にわたり鹿児島県、宮崎県、千葉県など
全国9県の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが
確認され、そのときの経験が早期封じ込め作戦がうまく行く事を
願わずにいられません。

韓国からの渡り鳥の飛来が感染源とする見方が強いようです
鹿児島、宮崎、熊本は養鶏王国、

渡り鳥は暖かい温暖な地に向け飛来するといいますから

感染した渡り鳥は多良木町から
太平洋側の宮崎方面から大分四国を通り暖かい

太平洋岸を北上すると予想され4月いっぱいは防疫体制と
徹底した警戒が必要です。

鳥インフルエンザウイルスは人に感染することはないそうですが
過去の例から見れば鶏肉や卵が、風評被害で消費が落ち込み
経営不安が業者間に広がっています。

熊本県は14日午後7時20分
二つの養鶏場の11万200羽の処分が終了したと発表、

また消毒がすんだ後も感染拡大の出荷禁止措置など取り
収束を待ちます。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。