So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥インフルエンザが熊本県多良木町の養鶏場で発生処分終了 [報道]

鳥インフルエンザが熊本県多良木町の養鶏場で発生したと
13日農林水産省が発表しました、

同経営者の相良村養鶏場でも死亡が確認され
熊本県が行った遺伝子検査で「H5型」の

鳥インフルエンザウイルスが検出され、発生現場から10km以内の
養鶏場に対してニワトリや卵の移動や出荷を禁止しました。

また夜を徹して、自衛隊も出動して、14日も殺処分しています、
周辺道路では車両の消毒など行い、
ウイルス感染拡大防止に異例の速さで行っています。

平成22年から23年にわたり鹿児島県、宮崎県、千葉県など
全国9県の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが
確認され、そのときの経験が早期封じ込め作戦がうまく行く事を
願わずにいられません。

韓国からの渡り鳥の飛来が感染源とする見方が強いようです
鹿児島、宮崎、熊本は養鶏王国、

渡り鳥は暖かい温暖な地に向け飛来するといいますから

感染した渡り鳥は多良木町から
太平洋側の宮崎方面から大分四国を通り暖かい

太平洋岸を北上すると予想され4月いっぱいは防疫体制と
徹底した警戒が必要です。

鳥インフルエンザウイルスは人に感染することはないそうですが
過去の例から見れば鶏肉や卵が、風評被害で消費が落ち込み
経営不安が業者間に広がっています。

熊本県は14日午後7時20分
二つの養鶏場の11万200羽の処分が終了したと発表、

また消毒がすんだ後も感染拡大の出荷禁止措置など取り
収束を待ちます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小保方晴子さん捏造疑惑に反論 記者会見速報 [報道]

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーは8日、
新しい万能細胞「STAP細胞」の論文に捏造、改ざんがあり不正があったと
認定した理化学研究所調査委員会に対して、
再調査の上「不正はない」と認めるよう、不服申し立てをしました。

このことに引き続き9日午後、大阪市内のホテルで記者会見をしました、

科学誌ネイチャーの論文に使用された画像が違う実験の画像を使った
「捏造」であると判定、二つの画像を切り貼りした「改ざん」は不正、
と認定した問題について

悪意のない、単純な間違いであり
「私の不勉強、不注意、未熟さにより論文にたくさんの疑義が生じてしまい
多くの方々に大きなご迷惑をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます」
と謝罪しました。

また調査委員会の聞き取りについては
「弁明する機会が少なく、
事実関係を詳細に聞き取るという面では不十分だった」と批判しています

疑惑に拍車をかけた実験ノートが3年間で2冊しかない、と
理化学研究所調査委員会の発表に対して「少なくとも4,5冊はある」と
述べ、物の在る無しに付いて食い違いが在りました。

STAP細胞の存在について「自分で200回以上、作製に成功した、と延べ
「別な人(インディペンデンス)にやってもらったことがあり
その方は成功している」と

実際に再現に成功した研究者がほかにもいたこと
を明らかに明かしましたが
会見の場では氏名は公表されず、存在についての疑惑は晴れませんでした。

論文の取り下げについて、理化学研究所は小保方晴子さんも同意したと
発表していますが「同意したことは無い」と話しました。

調査委員会と大きな食い違いが多くあり、科学的しきたりを基にした主張と
法律的問題とが、ぶつかり問題を複雑にしている感じがします。

イモトアヤコさんエベレストへ 出発 [報道]

お笑いタレントイモトアヤコさんが8日、約5ヶ月ぶりにブログを更新
「いよいよこれからエベレスト挑戦に向け日本を立ちます。」と

報告とともに
初めて本格的な登山をしたキリマンジャロから早5年。

まさか本当に自分が世界最高峰に行くとは未だに実感ありません
と心境と決意と感謝を綴っています。

o0800053312214416946.jpg
http://ameblo.jp/a-imoto/entry-11368229014.html

町で声をかけて下さる方。
ご飯屋さんの店員さんやそこにいたお客さん。などなど
みんな応援してくれてます。と一般人の人々に対する感謝の念と

内村さんはじめとするイッテQメンバーの方々。
出発前の収録で全員と握手ハグをし、皆さんの目をみました。
その目がもう、なんかもうめちゃめちゃパワーもらえるんです。

さらに番組に関わっているスタッフさんにも感謝を述べ
イッテQという番組でエベレストに挑戦できることを本当に誇りに思うし、
成功させて誇りになりたいと思います。世界最高峰からの景色楽しみにしていて下さい。
私イモトアヤコ、エベレストイッテきます!。と
感謝と決意表明を述べています。


昨年10月2日にマナスル(8163m)登頂成功で日本中に
感動を届けましたが、

後日談で
テント生活でのメンタルが大変、寒さや一人ということで、寂しくて泣いちゃった」とか
山頂を目指すまでに、気圧の関係でうずいた歯を抜いていたこと
過酷な登山を思い出し苦笑交じりに大変な登山だったことを明かしています。

イモトアヤコさんはキリマンジャロ登頂からモンブラン→アコンカグア→
マッターホルン→マナスルと登頂した経験が挑戦を決意したのでしょう

今度は世界最高峰のエベレスト(8848m)に挑戦です
マナスル以上の過酷な登山になるかもしれませんが

イッテQメンバーに対して
無事に帰ってきてきてまた握手したいなと心から思いました。と
述べていますので、成功をお祈りします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

井上真央さん 池上彰さんと初共演!特番で“案内人 [報道]

女優の井上真央(27)さんが、ジャナーリスト池上彰(63)さんと初共演
4月12日午後6時~同10時18分放送のテレビ東京開局50周年特別企画番組

「池上彰のJAPANプロジェクト~50年前のニッポン、未来のニッポン~」の
案内人を務めることになり、同局内で会見が行われました。
m-43053_2_large.jpg
http://img.news.goo.ne.jp/picture/eigacom/m-43053_2_large.jpg?640x0

2011年紅白歌合戦で司会を務めたことがある井上真央さん
報道番組は初出演です、

池上彰さんを前にして緊張の面持ちで
子供のころからテレビでよく拝見していました」、

「学校の先生と教壇に立って授業をしないといけない気分。緊張しています」
「ご一緒する機会はなかなかないので、いっぱい学んで、純粋に楽しみたい」
と話し、緊張の様子だったが気合十分でした

また「この50年で普通に海外に行けるようになったので、
この先50年で普通に宇宙旅行ができるようになったらいい」などと語り胸躍らせた。
t02200293_0480064012900509110.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/
一方、井上真央さんについて池上彰さんは珍しく「緊張しています」とコメント
普段は何事にも、物怖じしないで物申す池上さん、

「事前に挨拶に来てくださり、礼儀正しいお嬢さん、恐縮しています」
感心、たいへん気に入った様子でした、

また、池上氏はテレビ東京が開局した1964年当時、中学2年生で、
同局が募集した「科学クラブ」に入っていたとも話し、縁があったのですね。


番組の内容はジャーナリストの池上彰氏をキャスターに迎え、
日本が約半世紀にわたって取り組くみ、発展してきた
近代史で、もっとも重要な位置を占める四つのプロジェクトを取り上げ

取材VTRを交えスタジオでの解説や、生中継など映像技術を駆使して
暗い話題が多い昨今だが、日本の実績を拾い出し『日本も大したものだ』と
元気を取り戻してほしい、との願いをこめて解説意気込みを語りました。

★「新幹線物語」
東海道新幹線50年の進化とリニアモーターカー
★「女性消費時代」
家事軽減の家電食品メーカーの苦闘
★「交通戦争」
年間犠牲者1万6765人が4373人に減少した歴史と未来
★「公害との苦闘半世紀」
公害告発と企業の廃水浄化作戦と東京湾『江戸前検証

以上四つのプロジェクトを
報道番組初出演となる井上真央さんが、各時代の案内役を務めます。4人.jpg/
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20140406_0133

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。